1930年、錫箔やアルミ箔を取り扱う専門問屋「木村商店」が誕生しました。
食品包装用の小切り裁断アルミ箔の販売を日本で初めて扱い、「銀紙屋」として業界に知られていました。

 

1930(昭和5年)
大阪市浪速区新川に銀紙専門問屋『木村商店』を創業。
食品包装用の小切り裁断アルミ箔の販売を日本で始めて取り扱う。
国内にてアルミ箔の製造開始に伴い、住友アルミニウム(株)〔現・ 東洋アルミニウム(株))、
東海鉛管(株)〔現・東海アルミ箔(株)〕の 特約店となる。 。
1944(昭和19年)
戦時疎開により大阪市生野区巽に移転。
1949(昭和24年)
戦後、大阪市南区二ツ井戸町に移転。 木村アルミ箔株式会社を設立。
京都西陣の染色技法を取り入れ、アルミ箔の枚葉印刷加工による 印刷アルミ箔の小切り裁断品の販売を始める。
1951(昭和26年)
木村アルミ箔株式会社を設立。
1966(昭和41年)
創業者 木村弥之助の逝去に伴い、木村晴夫が二代目社長に就任。 東京都板橋区に、東京営業所を設置。
1975(昭和50年)
カップ成型機を導入。ホイルケースの生産を始める。
1987(昭和62年)
三代目社長に木村裕一 就任。
大阪市生野区巽南に アルミ箔加工工場・巽工場を新設。
1989(平成元年)
フィルムケースを開発。
1990(平成2年)
東南アジア(台湾、香港、シンガポール)へホイルケースの輸出開始。
1993(平成5年)
パル・コンサルタンツ(株)設立に資本参加。
1994(平成6年)
自動カップ成型機導入によりホイルケースの本格的生産に入る。
奈良県北葛城郡新庄に奈良アルミ箔(株)を設立。業務用ホイルケ ー スの専門工場とし、
箔メーカーの下請け業務を始める。
1995(平成7年)
巽第2工場新設。
1996(平成8年)
フィルムケースがCVS弁当に採用され、本格生産を開始。
1997(平成9年)
フィルムケースが大手CVSの指定包材となり、社内の生産・品質・ 衛生管理の見直しを行い、
食品容器のメーカーとしての意識を高る。
1998(平成10年)
包装資材の環境問題に対応する為、原材料の見直しや新素材の研究 を始め、《生分解性樹脂》に注目。
生分解性樹脂フイルムケースを開発。
1999(平成11年)
従来の工場イメージから一歩進んだ『ニューファクトリー』化を 目指す為、大阪市から支援を受け、
『快適工場』の認定を受ける。
快適工場ロゴ
2000(平成12年)
大阪市生野区の第2工場跡地に 『快適工場・大阪工場』を新設、 稼動始める。
2001(平成13年)
ISO9001/2000「品質マネジメントシステム」を大阪工場にて認証取得。
2004(平成16年)
東京都中央区銀座4丁目に『銀座スタジオ』を設置。
2005(平成17年)
大阪南港ATCグリーンエコプラザに生分解フィルムケースを出展。
2006(平成18年)
HACCP対応工場『きむら菓子製作所』、『K’s STUDIO』を開設。
2007(平成19年)
大阪府泉佐野市に、りんくうタウン工場(自動成型ライン)を新設。
5月 ISO22000/2005「食品安全マネジメントシステム」をりんくうタウン工場にて認証取得。
2008(平成20年)
4月 きむら菓子製作所『まちづくりシリーズ』第一弾【巽神社(ジンジャー)ロールケーキ】を発売。
10月 いちびり庵なんば店2階に『千日前パーラー』を開店。
第二弾【千日前ロールケーキ】(バタークリーム味)を発売。
11月 可食容器【海苔、昆布シートを使ったカップ】を開発。
12月 『地域産業資源活用事業計画』(近畿経済産業局)の認定を受ける。
2009(平成21年)
6月 高津宮・氏子衆(6社)と【氏子ロール】【氏子衆クリーム】を開発。
7月 ISO22000認証取得工場・きむら菓子製作所を大阪府洋菓子技術専門校が見学する。
2010(平成22年)
4月 大阪ミナミ・三津寺筋【Gateau Palace ARGENTE】を開店。
8月 「東洋アルミエコープロダクツ株式会社」と『フィルム&紙ケース』の製造に関して協力体制をとり、
『りんくうタウン工場』を 【業務提携工場】とすることで合意。
「海苔大福(塩/みたらし・抹茶・醤油)」を同時発売。

12月 酒造メーカーと酒米から出来た『米粉』を使用した、焼き菓子、ロール、大福、パスタ麺等を開発。
2011(平成23年) 1月 京野菜・なにわ伝統野菜を使用した『可食シート』を研究開発。
8月 会社設立60周年を記念して、 モエ・シャンドンを使用したブランデーケーキ
『マール・ド・シャンパーニュ』を販売する。
12月 釜山市役所主催『釜山市貿易商談会』に参加。
2012(平成24年) 1月 『道頓堀こだわり亭/お茶漬けシリーズ』の開発に着手
3月 K’sスタジオに「KALデザインスタジオ」OPEN.
7月 『おおさか地域創造ファンド』採択事業に
11月『2012韓国水産博』(釜山/海雲台)に海苔カップ出展
2013(平成25年) 2月『道頓掘こだわり亭/なにわのお茶漬け』発表会&モニター会開催
3月 海外製カップ成型品を輸入販売
2014(平成26年) 8月 新製品リリース 食べれるうつわ【かつお節/カラフル大豆】を製造販売
9月 香港へ製菓製パン用包装資材の輸出を開始
2015(平成27年) 4月 FSSC22000(ver.4.1)を りんくうタウン工場にて認証取得
5月 新製品リリース レアスイート社の希少糖を使用した海苔の
コンフィチュール/おぼろ昆布のコンフィチュールを販売開始
2016(平成28年) 2月 リモートテレビ会議システムを導入開始
2017(平成29年) 5月 協力会社自主廃業に伴い、日用品カップ成型品の業務引継を受ける
9月 韓国へ製菓製パン用包装資材の輸出を開始
2019(平成31年) 2月 りんくうタウン工場にて紙ケースの製造を開始
4月 配送センター拡張改修に伴い新営業倉庫の稼働開始
2020(令和2年) 1月 創業90周年を迎える
5月 東京オフィスを東京都中央区銀座から東京都台東区浅草橋へ移転
8月 株式設立70周年を迎える
12月 FSSC22000(ver.5)をりんくうタウン工場にて認証取得
2021(令和3年) 5月 FSSC22000(ver.5.1)をりんくうタウン工場にて認証取得
8月 役員改選 三代目 木村裕一 代表取締役会長に就任に伴い
         四代目 木村彰宏 代表取締役社長に就任

 

コメントは停止中です。